Search

2020年2月7日金曜日

『令和元年度 第3回 地方創生ネットワーク会議』でパネリスト

令和元年度 第3回 地方創生ネットワーク会議
令和2年2月5日(水) アートホテル弘前シティ



年休を取って役割として出席
この日の役割はパネリスト^^



パネルディスカッションのテーマは
「若者と女性の目線から見る青森の暮らし」

弘前を拠点にする若者と女性のNPO代表と登壇
なぜか若者でも女性でもない僕に声がかかった

「まとめ」としてのキーワードは
地域の魅力、子ども、教育、プレイヤー、循環

個人的には...
「地域の大人がスモール・ティーチャーになる」ことを推したい

プレイヤーのプレイはいろんな意味を持つ言葉
遊ぶ、スポーツをする、演奏する、役を演じる...など

微力かもしれないけど無力ではない
趣味の延長でもなんでもいい

できることをちょこっと地域で教えていく
地域に関わりを持つことから始めればいい

大切なのは「いつまでやるか」
「いつからやるか」じゃないか

基調講演は藻谷 浩介 さん
演題は「地域に根ざす生き方、根ざさない生き方」

藻谷さんのお話は今回で三度目
あいかわらずの切り口と切れ味

自称「地域ヲタク」だけあって
統計力と分析力がハンパねっす

会議終了後は情報交換会に出席
テーブルの座席がヤヴァかった



弘前市長、弘前大学学長、むつ市長、おれ...
いろんな方といろんな話ができて楽しかった