Search

2015年3月11日水曜日

東日本大震災から4年

2011.3.11 , 14:46 東日本大震災発生

まだ4年。
もう4年。

3年前、岩手県山田町を訪れてから「自分にできることをしたい」。
そう思いながらも自分の中で整理できないもどかしさが続いた。

ただ、訪れたからこそ伝えれることがある。
五感で感じたことを。

建物の倒壊や小学校のグランドに仮設住宅、逸らさずにこの目で見てきたこと。
自分も被災してるのに…そんな自らの声を押し殺して、被災した住民に罵倒されながらも職務を遂行した同業者と話したこと。
子どもたちとおもちゃで遊んだりおしゃべりしたこと。
冷たかった海風と潮の匂い。
海の幸を食べたこと、牡蠣はうまかった。
現地で地震が起きて怖かったこと。



今の自分にできることは伝えること。

3.11に綴った記録を自分のBlogで振り返ってみる。
その年々の思いや受け取り方が見える。

4年前(2011年)
その日のことを書いていた。
発震から24時間経過するまでの記憶を記録。
タイトル「24時間。。。。。発震から

3年前(2012年)
3泊4日の滞在記を書いていた。
2tトラックいっぱいのおもちゃを詰め込んで岩手県山田町を訪れたのがちょうど3年前。
タイトル「岩手県山田町『おもちゃの広場日記③』~当日~

2年前(2013年)
タイトル「三雪四晴
現地に行ってから1年、なにもできなかった自分をなんとなく恥じていて、目を背けてたのかもしれない。
震災のことには最後に触れただけ。

1年前(2014年)
タイトル「3.11 もう3年…まだ3年…
発生時からのことを振り返っていた。
冷静に噛み締めていた感じを受ける。

言語化することが大切だ。
風化させないためにも。

あらためてそう感じた。
自分にできることは伝えること。

だから、書き続ける。

週の折り返し。
3月も3分の1が過ぎた。

今朝は暴風雪。
荒れた天気。

黙祷